« 二頭のくまが到着する♪ | トップページ | 岩井田治行 Web動物原画展 手品のすきな黒うさぎ【2】 »

2013年11月20日 (水)

岩井田治行 Web動物原画展 手品のすきな黒うさぎ【1】

Title02


くま太: いやぁ~ ようやく開催やなぁ~♪

くま吉: ずいぶん時間かかりましたなぁ~!

くま太: こういうのはな、焦ったらアカンのや。じっくりやろう!

くま吉: ところで、Web原画展て 何ですの?

くま太: キミ、Webも知らんのかいな!

     インターネット原画展いうことやがな♪

くま吉: どんな原画展ですの?

くま太: これはな、いわいだはんが子どもの本の仕事で描いたイラストを

     未公開スケッチや未使用原画も含め、みんな展示するんや~!

くま吉: えっ! 未使用原画なんてあるの?

くま太: 本邦初公開や~! 編集者も知らんで~♪
     いわいだはん、こんないっぱいスケッチ描いてたん!

     何で、この原画ボツにしたん? いうてなぁ~♪

くま吉: 創作の舞台裏が、のぞけるんでっかぁ~?

     そら貴重な原画展やないかい♪

くま太: わてら、解説役や~♪

 

♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣

Frontcover01

【 手品のすきな黒うさぎ/表紙/出版物】

 ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣

くま吉: おっ、なんか本が出ましたよ。これ何ですの?

くま太: これは ポプラ社いう出版社で出した本や。

     まずは、この本の原画から展示するで♪

くま吉: ああそうか♪



♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣

Kurousagi0101

【 表紙/未公開カラースケッチ/鉛筆・透明水彩】
♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣

Kurousagi0102


【 表紙/使用原画/ペン・カラーインク】
♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣ ♣

くま吉: これがその原画ですの?

くま太: 1988年。いわいだはん、30代前半のお仕事やな。

くま吉: 黒うさぎが主役なん? 毛の一本一本を丁寧に描いてるなぁ~!

     こんなん、墨で真っ黒に塗れば簡単やん♪

くま太: それでは『さし絵』にならんがな。

くま吉: そういうもんなん?

くま太: 黒うさぎのスケッチはなぁ… 苦労したらしい。

     次回は、その未公開スケッチやで~!

くま吉: そら楽しみでんなぁ~♪

『くまのこPage!』 

♪くま太とくま吉のエイリアス♪  ♪ぴあ映画生活♪ 

にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ
にほんブログ村絵ブログ検索エンジン

« 二頭のくまが到着する♪ | トップページ | 岩井田治行 Web動物原画展 手品のすきな黒うさぎ【2】 »

岩井田治行 Web動物原画展 手品のすきな黒うさぎ」カテゴリの記事

コメント

マーくんさん、やっと族長さんの許可がでたんですね。お疲れ様でした。

この黒うさぎみて思い出すのが、ガース・ウィリアムス。
毛のふわふわしてるところ、自然の草花に囲まれてるところなんか「うさぎのおうち」と重なります。でも、顔はマーくんさんの黒うさぎのほうが好き。
あんまり可愛いので、Amazonに一冊出てた古本、買ってしまいました。

ところで、私が姉と慕っている従姉妹はマーくんさんと同じ頃同じキャンパスに通っていたようです。キャンパスで「奥様は18歳」の撮影してたって昔言ってましたが、その頃じゃないですか? でもマーくんさんは知らないって。そりゃそうでしょうけど、ニアミスしてたかも〜♪

これから、展示室が増えていくんですね。くま太さんとくま吉さんの解説と一緒に、たのしみにしてます。

kotorinさん、ド~モ~♪ マーくんです。
実は… くま太とくま吉は、ココログマの族長にまだ挨拶してません。
つまり、無許可で展覧会を始めてしまったのです!

ニフティ会員でない者が、ニフティ山にブログを開くには『儀式』があります。
このココログマ通過儀礼を無視すると…

だからそのうち出てきますよ、ココログマたちが!
族長は100%怒ってます。族長って、どんなくまさんなんでしょうかね?
お楽しみに♪


Amazonの古本を買ってくれたんですか。
出版社は、この本を売る気ないようですから、増刷はないと思います。
新品でなくて申し訳ない。

この童話のお仕事をいただいた時は、うれしさ半分、困惑半分でした。
何しろ、黒うさぎのキャラクターをどう描いていいのかわからない。
ベタで塗りつぶせば簡単なのですが、何とか奥行きのある絵にしたい。

さてどうしたものかと、図書館の児童室をうろついていたとき、
『都会にきた天才コオロギ』や『ミス・ビアンカシリーズ』を見つけました!
さし絵は、ガース・ウイリアムズさんです。

斜線の積み重ねで、毛の質感を出すというオーソドックスな手法ですが
『なるほど、この手があったか!』と♪
さし絵の仕事は、まだ右も左もわからない新人でしたので、
恥も外聞もなく、参考にしました… というより、マネしました♪(ペコリ)
だからウイリアムズさんの絵に似てるんです。

今描くと、大分違う絵になると思うけど、
この頃は、これで精一杯でした。ただ、割と気に入ってるんです、このさし絵♪


『奥様は18歳』の撮影って、1970年~71年頃ですよね。マーくんは、まだ高校生でごんした♪
だから、撮影の様子は知りません。

今、あの大学はずいぶんレベルが上がったそうです。
マーくんが卒業してから、レベルが上がったというウワサもある♪ 失礼しちゃう!
校舎もずいぶん立派になって、マーくんが通っていた頃の面影はもうないですね。
まったく、別の大学になってしまいました。
地味な校舎だったんですよ、すご~く地味な♪

立ち食いそば屋がありまして、天ぷらソバが美味しかった♪♪
学食の100円カレーは創立以来のカレーが、ナベの底に残ってるというウワサがあったっけ。
あの頃マーくんは3畳の下宿で、一週間三千円の食費で生活してました。
将来のことをあれこれ考えながら…

映画は、もっぱら東急文化会館の東急名画座に通ってました。
料金は200円だった。フィルムは全部雨が降ってたけど♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1880931/54001004

この記事へのトラックバック一覧です: 岩井田治行 Web動物原画展 手品のすきな黒うさぎ【1】 :

« 二頭のくまが到着する♪ | トップページ | 岩井田治行 Web動物原画展 手品のすきな黒うさぎ【2】 »

フォト
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ